自然のよろこびをわかちあおう

自然体験活動 25年度子どもゆめ基金助成活動
秋だ!実りだ!宝もの!〜高遠の森で宝探し〜
2013年11月30日(土)〜12月1日(日)

活動報告はこちらからどうぞ

自然体験活動 25年度子どもゆめ基金助成活動
ホタルを楽しむ夜の森
2013年6月29日(土)〜30日(日)


梅雨の時期、大変天候が心配でした。
予報もめまぐるしく変わり、参加者も冷や冷やした事でしょう。

29日も曇り空の中で活動、30日は明け方から雨の音を聞きながら起床しました。
活動時になるとやんでくれたお陰で、思う存分楽しむことが出来ました。

1日日:午後1時 狭山市駅集合・出発。
バスは20名を乗せ一路名栗げんきプラザへ国道を走り、
長い正丸トンネルを抜け、新緑のまぶしい山道をくねくねと
名栗げんきプラザを目指しました。

バスの中では、<ノ−ズ> ある生き物のヒントからその生き物を推測して、
特徴や生態を学びました。
渋滞はなくあっと言う間にバスは名栗げんきプラザへ到着。
しかし、本来居るはずの現地集合のスタッフはお迎えには間に合わなかった。

チェクインをして、ホタル見学へ行く身支度を整え、
ホタル博士クイズやレクをみんなで楽しみました。
秩父ミュ−ズパ−クへ移動、おにぎり弁当を美味しく食べました。

元気いっぱいの子どもたちは走るのが大好き。
大人はへとへとだったけどネイチャーゲームで楽しいひと時を持てました。

ミューズパークのホタル祭りが始まり、コバトンとふれあったり、
昔遊び(葉っぱを使った遊び)を楽しんだあと、いよいよホタル鑑賞へ出発!

ホタルの飛び交うせせらぎまで迷子にならないように手をつなぎ、
一列に並び真っ暗の中を歩きました。

ホタルは沢山飛んで、私達を歓迎しているように近くまで来てくれました。
いつまでも見ていたいがお別れです。 「さようなら、げんきでね

今日一日は終わり。 お風呂に入り、ホタルの夢を見てお休みなさい。

2日目:6時30分起床、荷物整理、朝食お掃除。 雨が降っている!!

10時まで、室内で3チ−ムに別れて<動物あてゲ−ム> クマ(他は写真を見て当ててね!)
霧雨が降っているのでカッパを着て<カモフラ−ジュ> 鳥の目になって人工物を探しました。

次は、<目かくしイモムシ><目かくしトレイル> 視覚以外の感覚で自然を感じる、
精神を集中させる活動です。

「こわいよ−、こわいよ−」とあっちこっちから聞こえる。

トレイルでは、目かくしをしたまま一本のロープをたよりに、
ゴールまで森の奥深くに迷いこんだような体験が出来ました。

昼食を食べ、名札をつくり、プラネタリウム鑑賞しました。

あっという間の2日間の旅、帰りのバスの中でぐっすりお休みなさい。
到着も予定より早くお迎えしていただき無事、
子どもゆめ基金活動も終了することが出来ました。
有り難うございました。
みんな、また次のイベントで会いましょう!!

<ノーズ><動物ヒントリレー>
<動物ジェスチャー><カモフラージュ><目かくしイモムシ><目かくしトレイル>

P20130601.jpg
P20130602.jpg
P20130603.jpg
P20130604.jpg
P20130605.jpg
P20130606.jpg
P20130607.jpg
P20130608.jpg
P20130609.jpg
P20130610.jpg
P20130611.jpg
P20130612.jpg
P20130613.jpg
P20130614.jpg
P20130615.jpg
P20130617.jpg
P20130618.jpg
P20130619.jpg
P20130620.jpg


P20130621.jpg


P20130622.jpg


P20130623.jpg


P20130624.jpg


森の名探偵〜木はともだち
2013年5月18日

さやまシェアリングネイチャーの会・春の会は狭山稲荷山公園にて
「森の名探偵〜木はともだち」というテーマで行われました。

小学生5人と幼児1人、大人6人の少人数での開催となりました。
が、そのぶん大人も子どもも一緒に仲良く楽しく過ごす事ができました。

準備体操をしっかり行った後、どんぐりじゃんけんで緊張をほぐしました。
2個ずつ配ったどんぐんは、終わった時に最高で7個持っていた子どももいました。
反面、どんぐりがなくなってしまった人が4人もいました。

めざせ名探偵ではいろいろなヒントをもとにみんながその木を探しにいきました。
「この木かな」「木の下の部分が違うな〜」などと名探偵ぶりを発揮していました。

木のセリフでは、あちこちの木で上から見たり斜めから見たりしながら、
吹き出しにセリフを書いたり、目のシールを貼ったりして面白い顔を探してました。

フィールドビンゴでは林の中にある木をよく見たり、さわったり、風や、光を感じて
ビンゴを楽しんでいました。

最後に、きつねとリスでちょっと体を動かしきつね役の大人は、
すばしっこいリスを捕まえるのに苦労していました。
子どもたちのあふれるパワーはもの凄い!

帰り際に、折り紙の大得意なお姉さんに動物の折り紙をもらって満面の笑みでした。

チィッチャな森の名探偵たちは、これからも木とともだちになって、
いろいろなことを知る機会があればいいなあと思いす。

2時間はあっという間に過ぎ、小学生の二人のお友だちは、
大学生のリーダーととても仲良しになりました。
帰り際には「たね〜。さよなら〜」と何度も何度も別れを惜しんでいました。

みんな、また次のイベントで会いましょう!!


<ドングリじゃんけん><めざせ名探偵><木のセリフ><森の福笑い–めだまっち><フィールドビンゴ><きつねとリス>

IMG_0827.JPGめざせ名探偵の始まり
IMG_0829b.jpgこんなものが落ちてるよ!
IMG_0835.JPGこの木かな?
IMG_0836.JPGこの木かな?
IMG_0838.JPG実はこの木なんだ!
IMG_0839.JPG木のセリフの始まり
IMG_0840.JPGぼくも顔をつくる!!
IMG_0842b.jpgこの木はこんな感じかな
IMG_0843.JPG一緒に歌おう!!
IMG_0844.JPGブヒブヒ!!
IMG_0846.JPGこれも顔に見えるよ
IMG_0847.JPG2段構えのかお!
IMG_0848.JPGビンゴで太い木はこれだ!
IMG_0850.JPGさあどこにあるかな?
IMG_0852.JPGきつねとリスの始まり
IMG_0853.JPGリスが一斉に木の実のもとへ
IMG_0862.JPG木にいるリスは捕まらないよ!
IMG_0865b.jpg今日のアクティビティ
IMG_0866b.jpg動物折り紙のプレゼント


「体験の風をおこそう」運動
雪山で自然体験
2013年2月16日

平成24年度 子どもゆめ基金補助活動として行われた「雪山で自然体験」
まだ暗い中での集合! 参加者30名を乗せたバスは6時に狭山市駅を出発。
高速に乗る頃には明るくなり、
やがて夜が明けてお日様がまぶしいほどのよい天候になった。
しかし、渋滞が発生!

バスの中では<ノーズ><私は誰でしょう><ネイチャービンゴ>。
これから行く雪山についてネイチャーゲームで学んだ。

先に着いていたスタッフから「マイナス14度で吹雪いて寒いよ」の情報が入る。
赤城ビジターセンターに着いたのは予定よりも1時間遅れ。

身支度をすませ雪遊びがしたくてウズウズしている子どもたちと一緒にゲレンデへ。
空飛ぶジュウタンやそり遊びを楽しく体験しました。

お昼は赤城少年自然の家でカレーを食べて心も体もポカポカ。
休憩後は外でネイチャーゲーム<カモフラージュ><ごちそうはどこだ>
雪が降る中でのネイチャーゲームでしたが、みんな元気で寒さなんかなんのその。
温かいココアも飲んで、温泉にに入り、冷えきった体もぽかぽか。

帰りのバスはみんなぐっすりかと思いきや、
アニメビデオを見ている子がたくさん。
予定より20分遅れで到着し、「また次ね」と言ってさようならしました。

ngsa130216_01.jpg
ngsa130216_02.jpg
ngsa130216_03.jpg
ngsa130216_04.jpg
ngsa130216_05.jpg
ngsa130216_06.jpg
ngsa130216_07.jpg
ngsa130216_08.jpg
ngsa130216_09.jpg
ngsa130216_10.jpg
ngsa130216_11.jpg
ngsa130216_12.jpg
ngsa130216_13.jpg
ngsa130216_14.jpg
ngsa130216_15.jpg
ngsa130216_16.jpg
ngsa130216_17.jpg
ngsa130216_18.jpg
ngsa130216_19.jpg
ngsa130216_20.jpg
ngsa130216_21.jpg